歯周病は、10代で半数、30代で80%の人が感染しているとされる非常に恐ろしい病気です。自覚症状が少ない中で、静かに進行が進むので、気がついた時には歯茎がボロボロという事も良くあります。
中国の暦法は、ひと月を歯周病る循環暦でした。甲#文にはそれを「卜句」として、特定のHから1〇闩間の吉凶歯周病つた痕 跡が残ります。この一〇Rの期間丰干とし、この呼び方が一般的になつていつました。士 一支は歳歯周病に始まる。それは太繫の木歯周病が、太陽を一回りする運行に関係します。木Mは、約ニー年で太陽を一周するが、赤道をニ一等分して一年を割り出しました。この女澡から木Mを「歳MJと呼び、一二等分に子、马班、卯、辰、午、未、申、酉、戌、亥の三てて、毎年の士一支が当たる年を「大薄とし今これらが干支となって定若したのは春秋戦国時代だったといわれています。
現在のような紀歯周病法がいつ始まったかはわからないが、武帝七年(紀一ルニ年)の歯周病が學歯周病とされています。
十干と十二支のすべての組念ロわせを並べれば六〇議になる。それを年に当てはめれば六〇年の還六間ですベての}BK をぐるりと回つたことになります。
漢の武帝の頃に議子がK着塞めて馨した思—rかf蠢子』です。このなかに行年五十にして叫太年の非を知る」とあります。
これを「知非」といって、学問$_心す者の大切な心得になっています。