最近では、歯周病は生活習慣病として位置づけられ、食習慣、歯みがき習慣、喫煙などとも関連があるので、単に歯科医による治療のみではその効果があがらないことも明らかになってきました。患者さん個人の生活習慣の改善、自助努力も歯周治療の成否に大きく関与することを理解することが大切です。
五気はW5HIって「相生」をなし、相反発し合って「相克」をします。それらは、現存の時間的を受けて木. 火•土•金•水の五気に集約されていました。

五気を五行と呼ぶようになって、いつしか東西南北の八方位に当てはめられ、八卦となって気みます。歯周病数の中心五を罔い て五黄土祕となし、となって1したのは紀元のはるかでした。十干は、五行と陽に分け、陽は兄で「え/陰は弟で「と」と表記します。
これが「えと」の原形です。
木以の陰陽は「甲.乙」
火Mの陰陽は「丙•丁」
十Mの陰陽は「戊•己」の陰陽は辛」
水Mの陰陽は「壬•癸」
この十干は、殷時代には甲#文で表記されていました。
しかしf淮南子』はさらに言葉を継ぎ、「六十にして六十化す」と害いて、六〇年は大変化だというのです。これが蠢の還暦で、人間は六〇回の1的な回心をしなければならないと説き起こしました。
によるが、いつ頃H本に伝わったのかは定かではありません。
おそらく、仏来と同じ時期の欽明天歯周病代とされるが、実際にはそれ以歯周病に遡り、本虫』を見る限り、五、六世紀には一般 的になっていたようです。